新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島第一原発、排気筒最上部の解体工事が完了!予定よりも1か月遅れ 作業中にトラブルが多発!今後の作業に不安も


福島第一原発の排気筒の切断工事で、最上部の解体工事が完了となりました。
この排気筒は高さ120メートルの大きな構造物となっており、福島第一原発1号機や2号機の放射性物質を放出するために使われていた場所です。

そのため、排気筒付近の放射線量は非常に高く、切断工事も遠隔操作で特殊な重機を動かす形で行われました。

当初の予定では最初の2日で終わるはずでしたが、クレーンの高さが足りないというようなトラブルが頻発し、一ヶ月ほど遅れて切断が完了。今後は排気筒全体の解体工事を行う方針で、東電は今年中に作業を終わらせたいとしています。

 

福島第一原発 排気筒最上部の解体1か月遅れて終了
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190902/k10012060241000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

福島第一原子力発電所の高さ120メートルの排気筒の解体作業で、最も高い部分の切断とつり下ろしの作業が予定より1か月ほど遅れて1日終了し、動画が公開されました。東京電力はこれまでの作業で出た課題を検証して工事の進め方を改善し、今年度中に解体作業を終えたいとしています。

1/2号機共用排気筒の解体
http://www.tepco.co.jp/decommission/progress/safety/index-j.html

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!