新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

韓国企業が独自にフッ化水素を調達へ サムスンは韓国製フッ化水素導入、日本製フッ化水素の代替作業が進む

*官邸
日韓の外交対立が激化していることを受けて、韓国側の企業が続々と日本離れの方針を決めています。
サムスン電子はメモリー工程に日本製フッ化水素の代替品を投じ始め、韓国メーカーのソルブレインとENFテクノロジーが製造したフッ化水素の使用を開始したと発表。

この2つの会社は中国製の無水フッ化水素酸を輸入し、それを加工することで日本から輸入していた純度99.999%のフッ化水素の液状製品を作るのに成功したとしています。
今回の騒動をキッカケに韓国企業の日本離れが目立っており、フッ化水素以外の面でも色々と変化が起きているところです。

日本側としては販売先が減る形になると言え、このまま韓国の日本離れが激しくなると、日本経済全体にも悪影響が出ることになるかもしれません。

 

サムスン、半導体工程に8月中旬から韓国製フッ化水素投入
https://japanese.joins.com/article/253/257253.html

サムスン電子がDRAMやNAND型フラッシュなどメモリー工程に日本製フッ化水素の代替品を投じ始めた。日本政府が7月4日にフッ化水素、フォトレジスト、フッ化ポリイミドの先端素材3品目に対する対韓輸出規制に出てから1カ月半ぶりに代替材の投入に出たもの。このようにサムスン電子やSKハイニックスで日本製フッ化水素の代替作業が予想より早く進み、年末を前後して完全に代替作業を完了できるだろうという見通しが出ている。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!