新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【これは酷い】市長の中止要請を無視して組み体操を実施⇒生徒51人負傷&6人骨折 神戸市教育委員会


神戸市の小中学校で組み体操による負傷者が多発していることが分かりました。

報道記事によると、神戸市教育委員会は今年8月末から10月5日までの間に運動会の組み体操の練習中に、市立小中学校30校の生徒51人が負傷し、その内の6人が骨折したと発表。
8月から久元喜造市長が教育委員会に組み体操の中止を要請していましたが、市教委は「一体感や達成感が得られる演目だ」などと反論して、組み体操の継続を強引に決めていました。
相次ぐ負傷者の報告を受けて、来年の組み体操については中止を視野に入れて検討するとしてます。

全国の小中学校の報告を見てみると、組み体操では死亡事故も発生しており、ここ数年で自粛傾向が強まっていました。特にピラミッド型の組み体操は一番下で支えている子供への圧力が数百キログラム相当となることから、ちょっとでもバランスを崩すと命に関わる大事故に繋がる恐れがあります。
今も保護者からの反対意見は根強く、市長の反対を押し切って組み体操の実施を決めた市教育委員会は責任を問われることになりそうです。

 

中止要請無視し継続、組み体操で51人けが
https://news.livedoor.com/article/detail/17199133/

神戸市教育委員会は7日、今年8月末以降、運動会の組み体操の練習中に、市立小中学校30校の児童や生徒51人が負傷し、うち6人が骨折したと発表した。
同市では、久元喜造市長が8月、組み体操の見合わせを市教委に要請していたが、市教委は「一体感や達成感が得られる演目だ」などとして、継続していた。市教委は「来年度以降は中止を含めて検討したい」としている。
市教委が、8月末から10月5日までの事故状況を市立小中学校に聞いたところ、6人が骨折し、1人が脱臼。捻挫が10人、打撲が16人だった。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!