新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島第一原発、台風19号で漏えい警報が8件!電源異常で漏えい監視システムが一時停止も!汚染水が漏れた?


台風19号の影響で福島第一原発にも被害が出ました。
東京電力によると、10月12日から13日の間に福島第一原発では計8件の漏えい警報が確認され、それとは別に12日10時52分にも免震重要棟で1号機タービン建屋1階の漏えい監視盤用直流電源で警報が鳴ったとのことです。
この警報騒ぎで一時的に1号機原子炉建屋1階北東の漏えい監視ができなくなり、警報のリセット作業が完了した10月13日午前9時25分まで停止状態が続いていました。

また、10月13日午後0時59分には使用済セシウム吸着塔一時保管施設(第三施設)で漏えい検出器の警報が鳴りましたが、こちらの詳しい状況は調査中となっています。
福島第一原発の被害情報は全体的に漏えい警報が多く、今回の台風19号によって汚染水の一部が雨水と一緒に流れ出た可能性がありそうです。

 

福島第一原子力発電所の状況について(日報)2019年10月13日
http://www.tepco.co.jp/press/report/2019/1518800_8985.html

【主な作業実績と至近の作業予定等】
〇台風19号通過後の福島第一原子力発電所の状況については以下の通り。
・プラント関連パラメータや発電所敷地内のモニタリングポスト、ダストモニタの値に、有意な変動はなく、建屋滞留水水位についても、サブドレン水位との水位差は確保されていることを確認。
また、パトロールによる設備の点検を実施した結果、現在のところ主要設備に影響のある異常は確認されていない。
・台風接近に伴う雨量の増加と同時に、各建屋に設置されている検知器による漏えい警報が8件※発生し、全て、台風の降雨による雨水と判断。
※漏えい警報発生(8件)
<原因は台風の降雨による雨水>
「2号機廃棄物処理建屋中央エリア滞留水移送配管からの漏えい警報の発生」
「既設淡水化処理設備建屋における漏えい警報の発生」
「プロセス主建屋における漏えい警報の発生」
「増設多核種除去設備における漏えい警報の発生」
「6号機淡水化装置コンテナ内における漏えい警報の発生」
「プロセス主建屋近傍における漏えい警報の発生」
「プロセス主建屋近傍における漏えい警報の発生(循環設備A系)」
「使用済セシウム吸着塔一時保管施設(第三施設)における漏えい警報の発生」

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!