新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

トルコのシリア侵攻、双方が停戦合意!シリア北部にロシア軍が展開へ クルド人はアメリカを裏切り者と猛批判!


10月9日からトルコがクルド人勢力を排除するためにシリア北部への侵攻作戦を行っていましたが、アメリカやロシアの仲介を通して双方が停戦に合意しました。
シリア北部に展開していたクルド人勢力は対トルコの広大な国境の複数の拠点から撤収を開始し、クルド人が自治実現を求めていた地域はシリア・トルコ・ロシアの影響下に入った形です。
今回の停戦合意ではクルド人勢力がシリア北部の領域で自治独立を求めず、さらには拠点も国境の東部のおよそ120キロの範囲で撤収するように定めています。

一番の目的はクルド人の自治獲得や独立を阻止することであり、シリア・トルコ・ロシアの3カ国で思惑が一致したことで実現した停戦合意だと言えるでしょう。

一方で、対イスラム国の戦いではアメリカと共闘し、イスラム国の兵士を数千人規模で捕獲した実績があるだけに、クルド人からは「裏切り行為だ」「ハメられた」などと怒りの声が殺到しています。
特にトルコのシリア侵攻作戦を黙認した上で、事前にアメリカ軍を撤収させたアメリカのトランプ大統領への反発や怒りは根強く、クルド人の多い地区では抗議活動も頻発しているところです。

今回のアメリカの対応は各国の有識者にも衝撃を与えており、アメリカとの相互防衛が本当に機能するのかと疑問を投げかける声が相次いでいます。

 

シリア北部にロシアの部隊が展開
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191024/k10012146171000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_019

トルコのシリア北部でのクルド人勢力に対する軍事作戦をめぐって、国境地帯からのクルド人勢力の排除でトルコと合意したロシアの部隊が展開を始めました。これに対しクルド人勢力は、アメリカのトランプ大統領から支援の約束を取り付けたと強調して、トルコやロシアの動きをけん制しました。

対トルコ制裁解除=「恒久的停戦」に移行で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000005-jij-n_ame

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は23日、ホワイトハウスで国民向けに演説し、トルコがシリアのクルド人勢力に対する軍事作戦を停止し、「恒久的な停戦」を受け入れたとして、トルコに対する制裁を解除すると表明した。

米軍シリア撤退で具体化したトランプの公約「アメリカ・ファースト」
https://www.newsweekjapan.jp/reizei/2019/10/post-1123.php

トランプ大統領による「米軍のシリアからの撤退」宣言は、米軍が同盟を組んでいたクルド人勢力を見捨てることを意味しました。トランプの宣言を受けると、シリアとトルコの国境地帯からクルド人勢力の駆逐を狙うトルコのエルドアン大統領は、ただちに越境軍事作戦を仕掛けました。

あわてて、アメリカはペンス副大統領と、ポンペオ国務長官をトルコに急派し、エルドアン大統領には自制を求めました。エルドアン大統領は、一応話を聞いたのですが、トランプ大統領の書簡については非礼なので廃棄したとするなど、依然強硬でした。

~省略~

今回の決定は、そのクルド人勢力をアメリカが見捨てた形になります。また、シリアだけでなく中東全体におけるアメリカの影響力は一気に低下した形です。クルド人勢力を見捨てたことで、アメリカへの信頼感が消滅したという批判もあります。

それにも関わらず、トランプ大統領は「これはアメリカの勝利」だとしているのです。この言葉は、単なる強がりではありません。トランプ大統領は本当に「これで良かった」と思っているようです。というのは、この「シリア撤兵、クルド見殺し」という行動はトランプ流の「アメリカ・ファースト」という考え方そのものが具体化しているからです。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!