新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

萩生田文科相「英語の民間試験、身の丈に合わせて」 格差容認発言として反発拡大!野党は発言追求へ


萩生田文部科学大臣の身の丈発言が格差を容認しているとして物議を醸しています。

問題の発言は24日夜に放送されたBSフジのテレビ番組で飛び出てきました。
萩生田文科相は英語の民間試験導入について聞かれた際に、「裕福な家庭の子どもが回数を受けてウォーミングアップできるというようなことがあるかもしれないが、自分の身の丈に合わせて2回をきちんと選んで頑張ってもらえば」などと述べ、英語の民間試験で発生する格差は問題ないと強調。
その上で、「『あいつ予備校に通ってずるい』というのと同じだと思う」と発言し、予備校や塾と同じ程度の違いしかな無いと言及していました。

英語の民間試験導入を巡っては、会場の場所が限定されており、地方に住んでいる受験生が大きな負担を強いられるとして、「経済格差や地域格差が解消される見通しが立たない」などとして、全国高等学校長協会が延期を求めています。
学生の方からも反対意見が多く、野党は萩生田文科相の発言を糸口に臨時国会で追求を強める方針です。

 

英語民間試験 文科相「身の丈で」 「格差を容認」反発広がる
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201910/CK2019102602000263.html

萩生田大臣の「身の丈」発言追及へ 立憲 枝野代表
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191026/k10012151821000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!