新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

河井法務大臣が辞任、後任に森まさこ氏を起用!野党猛反発で国会審議は停止状態に!「首相に任命責任」


河井法務大臣が辞表を提出したことを受けて、安倍総理大臣は後任に自民党の参議院議員の森まさこ・元少子化担当大臣を起用する方針を固めたことが分かりました。
森まさこ氏は福島県いわき市の出身で、自由民主党副幹事長や特定秘密保護関連担当大臣を歴任。安倍首相からの信頼も厚い人物で、不祥事の心配も少ないことから河井法務大臣の後任を任されたと見られています。

国会では一連の大臣辞任や問題発言を受けて、野党が「閣僚の相次ぐ辞任で混乱が続いており、審議できる状況にない」として、衆議院の本会議や衆参両院の委員会などの開催は見送りとなりました。

記者会見で立憲民主党の安住国会対策委員長は「毎週、閣僚が辞任するという情けない状況だ。質問を逃げ、国会での説明責任を放棄し、辞めたということは大変遺憾だ」と述べ、政府に対応と説明を求めています。

国民からも安倍政権の相次ぐ不祥事に不満や疑念を投げ掛ける意見が相次ぎ、任命の経緯や理由、さらには安倍首相の責任の有無を含めて、追求を強化してほしいとの声が高まっていました。

 

法相辞表 政界の動きや反応 野党側は国会審議に応じられず
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191031/k10012157971000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

河井法務大臣が辞表を提出したことについて、政界の動きや反応です。
野党側は、国会対策委員長が会談し、「閣僚の相次ぐ辞任で混乱が続いており、審議できる状況にない」として、31日に予定されている衆議院の本会議や衆参両院の委員会などの開催には、すべて応じられないという認識で一致しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!