新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

コンビニ店長ら「元日くらい休ませて!」 セブンイレブンに要請、営業日や営業時間のオーナー裁量権を求める!


コンビニのオーナーらが「元日くらいは休ませて」として、セブンイレブンに申し入れを行いました。

セブンイレブンに要請を行ったのはコンビニ加盟店のオーナーらでつくる「コンビニ関連ユニオン」で、12月11日に記者会見を開いて、「ほとんど休みをとらずに毎日働いています。年末年始は特にアルバイトも集まらないので負担が大きい」と述べ、営業日や営業時間はオーナー側で決められるようにしてほしいと要求。
また、これまでに3度も話し合いをセブンイレブン側に求めていたのに、応じてもらえなかったとして、セブンイレブンの対応を強く批判していました。

コンビニ関連ユニオンは組合に参加する店舗を中心に、元日の営業を拒否するよう呼び掛けるとしており、セブンイレブンが交渉に応じなくても、労働環境の改善を求めて行動を続けるとしています。

セブンイレブンだけではなく、大手コンビニの労働環境を巡っては抗議活動が増加中です。特に24時間営業で労働時間が無駄に長期化しているとして、営業時間の短縮や見直しを求める声が多くなっています。

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどの大手コンビニは一部の店舗を対象にして営業時間の短縮テストを行っていますが、まだ全店舗での実施は決まっていません。労働基準法の制限を軽く超えるような長時間労働をしているコンビニオーナーも居るほどで、この問題はコンビニ以外の業界にも波及して物議を醸しています。

 

コンビニオーナーらで作る組合 “一部店舗で元日営業拒否”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191211/k10012211271000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

コンビニ加盟店のオーナーらでつくる組合は、労働環境の改善を求めて一部の店舗で、来年の元日の営業を拒否すると発表しました。
コンビニ加盟店のオーナーらでつくる「コンビニ関連ユニオン」は11日、都内で会見を開き、ことし9月以降「セブン-イレブン・ジャパン」に対し、営業日や営業時間に関するオーナーの裁量権を認めるよう求めて、3回にわたって話し合いを申し入れてきましたが応じてもらえなかったとしています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!