新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

小泉進次郎環境相、COP25での批判に反論!「批判は日本への期待の裏返しだ」

*小泉進次郎
国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で日本の環境対策に批判が出た件について、小泉進次郎環境相が反論のコメントをしました。

小泉環境相は記者会見で、「日本に対する期待は元々、高いですよ。元々、高いから批判されるんです」と述べ、日本への批判意見は期待の裏返しだと強調。様々な問題で日本のプレゼンス(存在感)が高まったとして、COP25では成果があったと主張していました。

今回のCPO25では小泉環境相の演説後に、国際NGOの「気候行動ネットワーク」が日本に「化石賞」を贈っています。この化石賞は環境対策に消極的な国へ渡される皮肉を込めた賞であり、日本はアメリカに続く形で化石賞を贈られました。

何故か小泉環境相が化石賞を名誉ある賞だと勘違いして、「賞理由を聞いて私が演説で発信した効果だと思った。的確に国際社会に発信できていると思う」とコメントしていましたが、その内容や経緯を含めて、色々な意味で議論の対象となっています。
特に日本は具体策が無い部分が内外から批判を受けているわけで、理念や理想よりも、今すぐに出来る政策や方針を世界に示すべきだったと言えるでしょう。

 

「日本の存在高まった」と小泉氏 石炭祭りと日本批判を自嘲
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00000130-kyodonews-pol

【マドリード共同】スペイン・マドリードでの国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に参加した小泉進次郎環境相は15日、帰国前に会場で報道陣に「交渉成立に向けて積極的に貢献し、日本のプレゼンス(存在感)が高まった」と成果を強調した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!