新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

カルロス・ゴーン被告が声明!日本の司法制度に事実上の宣戦布告!「日本の司法は基本的な人権が無視されている」

*カルロス・ゴーン
保釈条件を無視してレバノンに出国した日産・元会長のカルロス・ゴーン被告が代理人を通して声明を出しました。

報道された声明文によると、カルロス・ゴーン被告は中東のレバノンに居ると伝えた上で、「もはや私は有罪が前提とされ、差別がまん延し、基本的な人権が無視されている不正な日本の司法制度の人質ではなくなります」と述べ、日本の司法制度は差別がまん延して、基本的な人権が無視されていると指摘。
日本の司法制度では公平な裁判は厳しいとして、レバノンへの出国を決意したとしています。

また、現在の心境についても「私は不公正と政治的迫害から逃れました。ようやくメディアと自由にコミュニケーションできるようになりました」などと語り、これから世界のメディアを通して日本の問題や自身の主張を発信するとしていました。

現在はカルロス・ゴーン被告の状況が確認されているところですが、この発言が事実だとすれば、日本の司法制度に宣戦布告した形だと言えるでしょう。
日本の司法制度は世界的に見ても基本的な人権の扱いが最低で、取り調べの可視化を含めて問題が山積していました。

一方で、カルロス・ゴーン被告は海外渡航禁止の保釈条件を無視しているわけで、どちらの主張が正しいのか物議を醸しそうです。

 

ゴーン被告が声明「私はレバノンにいる」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191231/k10012232821000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

日産自動車の元会長のカルロス・ゴーン被告は、アメリカの広報担当者を通じて声明を発表し、「私はいまレバノンにいます。もはや私は有罪が前提とされ、差別がまん延し、基本的な人権が無視されている不正な日本の司法制度の人質ではなくなります」としてすでに日本を出国しレバノンにいることを明らかにしました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!