新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

WHOの緊急事態宣言、渡航・貿易制限は無し!中国に配慮か 初期時に中国が圧力との報道も

*WHO
1月31日にWHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を発表しましたが、全体的に中国政府への配慮が見られる内容となりました。

今回の緊急事態宣言では、感染地への渡航や貿易を制限する勧告は行わず、記者会見でテドロス事務局長も「不必要に人やモノの移動を制限する理由はない」とコメント。具体的な処置に関しても各国が判断するべきだとして、WHOとしては明確な制限方針を示しませんでした。

海外メディアの報道だと、WHOに中国政府が圧力を掛けたとの情報もあり、全体的に中国への配慮が目立つ声明だと言えるでしょう。

WHOがこのような対応になった背景には、アメリカのトランプ政権がWHOへの支出をカットしたことが大きな影響を及ぼしていると見られています。トランプ政権になってからアメリカの国際機関への支出は大幅に減り、それに合わせて中国が支援者の第2位に浮上しました。

大口のスポンサーである中国政府が国際機関でも強い影響力を持ち始めたと言え、WHOの声明からもそれは見え隠れしています。

 

新型肺炎、「緊急事態宣言出すな」 中国が圧力と仏紙報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00000640-san-cn

WHO、緊急事態を宣言 渡航・貿易制限は勧告せず 新型肺炎
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00000004-jij-eurp

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!