新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

沖縄県の玉城デニー知事、緊急上京で政府に辺野古の土砂投入の断念を要請へ 14日にも土砂投入工事

*官邸
12月14日にも政府が沖縄県の辺野古で土砂の投入工事を行うとしていることから、玉城デニー知事は来週に緊急上京して政府に工事の中止を直接求める方向で検討していることが分かりました。
これは防衛省が土砂などを積載した埋め立て用の船五隻を沖縄本島の西側にある民間の桟橋から島の東側の辺野古沖に移動させたからで、14日に予定されている工事を阻止するために玉城知事が直接政府に要請する形になると見られています。

3日の記者会見で玉城知事は「きょうの土砂の積み込み作業を行っていた時点で書類は提出されておらず、防衛局が行った作業は違法だ」とコメントしており、今回の作業は違法だと指摘。合わせて沖縄の世論を背景にして、辺野古の工事を延期させる狙いがありそうです。

ただ、政府の方針は変わる気配がなく、この緊急上京を無意味だと指摘する意見もネット上だと多くありました。日本全体だと賛否両論が割れている問題だけに、果たして日本政府がこのまま工事を強行するのか注目したいところです。

 

沖縄 玉城知事 上京し辺野古への土砂投入断念を直接要請へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181207/k10011738261000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設工事をめぐり、政府が来週14日にも埋め立て予定地への土砂の投入を始めるとしているのを受けて、沖縄県の玉城知事は来週上京して政府関係者と会談し、土砂の投入の断念を直接求める方向で調整を始めました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!