新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【新型肺炎】指定感染症の政令が施行!強制検査や隔離措置が可能に!安倍総理「湖北省の中国旅券は入国拒否」

2020年2月1日に新型コロナウイルスを指定感染症と定める政令が施行されました。

安倍総理大臣は首相官邸で第4回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、その中で「異例の措置ではありますが、当面の間、14日以内に湖北省における滞在歴がある外国人、湖北省発行の中国旅券を所持する外国人については、特段の事情がない限り、症状の有無にかかわらず、その入国を拒否する運用を開始しています」と述べ、中国湖北省の旅券を持っている外国人は全て入国拒否にすると表明。

また、チャーター機で武漢から帰国された人たちに関しても症状の有無に関係なくウイルス検査を実施するとして、「陰性と確認された方々についても、全ての宿泊施設に24時間体制で医師を常駐させ、適切な管理の下、お一人お一人の健康状態をしっかりと確認させていただいております」などと安倍総理は語っていました。

そして、地方においても検査体制や医療用品の整備などを充実させる必要があると言及した上で、「関係閣僚においては、何よりも国民の命と健康を守ることを最優先に必要な対策は躊躇(ちゅうちょ)なく実行するとの方針の下、予備費の使用も視野にいれて、更なる対応策を早急に策定し、至急実行に移してください」と関係閣僚に指示を出しています。

既に日本国内では複数の感染報告があり、中国においては感染者数が1万人を突破しました。日本政府の対応を遅いと批判する声もありますが、これでやっと本格的な感染対策を国家規模で行うことが出来そうです。

 

新型コロナウイルス感染症対策本部(第4回)
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202002/01corona.html

令和2年2月1日、安倍総理は、総理大臣官邸で第4回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました。
会議では、新型コロナウイルス感染症への対応について議論が行われました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!