新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

桜を見る会の前夜祭、安倍首相の答弁が苦しすぎると話題に!「参加者の800人がそれぞれホテルと契約した」

桜を見る会の前夜祭を巡る問題で、野党から追及を受けた安倍晋三首相の答弁が見苦しすぎると話題になっています。

注目を浴びているのは1月31日の予算委員会で、野党から領収書の提示を要求された安倍首相の答弁内容です。安倍首相は「主催は後援会だが、ホテル側と契約しているのは個々の参加者だ」と述べ、安倍事務所がホテルと直接契約したわけではないと弁明。
約800人の参加者が個別にホテルと契約したとして、政治資金収支報告書への記載も不要で、領収書は手元に存在していないと強調していました。

一般的な講演会や政治イベントだと主催者の事務所側が契約時に負担することが多く、主催だけやって契約は個別に行うケースは異例中の異例です。

これまで安倍首相は「収支がゼロだったから記載する必要がない」などと答弁していましたが、政治資金規正法を所管する総務省は「収支がゼロかどうかは関係ない」と言及しており、違反と断定されることを避けるために、安倍首相はあえて変則的な契約だったと言及した可能性が高いです。

ただ、あまりにも苦しい答弁内容にネット上で、も「流石に無理がある」「800人に聞けば良くない?」などと疑念を投げ掛ける声が相次いでいました。

 

「桜」前夜祭会費 首相「契約主体は参加者」 「ホテル5000円提示」
https://mainichi.jp/articles/20200201/ddm/005/010/104000c

 衆参両院の予算委員会は31日、安倍晋三首相と関係閣僚が出席し、首相主催の「桜を見る会」やカジノを含む統合型リゾート(IR)に関する集中審議を実施した。桜を見る会の前夜祭を巡っては、首相が「主催は後援会だが、ホテル側と契約しているのは(約800人の)個々の参加者だ」と述べ、政治資金収支報告書への記載は不必要と強調した。ただ、価格設定や段取りの相談はホテルと安倍事務所の間でなされており、議場からは「あり得ない」との声が上がった。【大場伸也、野原大輔】

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!