新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【新型肺炎】九州で初の感染者、福岡市で感染確認!世界で患者が急増、韓国でも82人に!イランでは死亡報告

*感染マップ
新型コロナウイルスの感染報告が各地から相次いでいます。
日本においては福岡市で感染者が確認され、九州地方で初めての感染者となりました。詳しい感染経路は不明で、海外渡航歴は無いと報じられています。

世界でも感染報告が増加中で、日本の隣国・韓国では新たに31人の感染が確認されました。これで韓国の感染者数は82人となり、検査中は1633人となっています。

更に中東のイランでも初の死亡報告があったと報道されていました。イランの死亡報告は2名で、今までイランでの感染報告は無かったことから、中東地域に衝撃を与えています。
新型コロナウイルスは飛行機や船でかなり広範囲に拡散されていると見られ、その爆発的な感染力から引き続き、世界で患者数は増えることになりそうです。

 

【速報】新型コロナウイルス、福岡市で感染確認
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/585657/

福岡市は20日、市内の60代の日本人男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。九州在住者の感染が確認されたのは初めて。海外渡航歴はないという。

イランでも感染確認、2人死亡 新型肺炎
https://www.sankei.com/world/news/200220/wor2002200004-n1.html

【テヘラン=佐藤貴生】イラン中部コムの医療当局者は19日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出た2人のイラン人が病院で死亡したと述べた。ロイター通信によると、イランでコロナウイルスの感染が確認されたのは初めて。

新たに31人の感染確認、韓国の新型肺炎感染者数は82人に
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/20/2020022080062.html 

疾病管理本部中央防疫対策本部よると、20日現在の感染者は82人、隔離解除16人、検査中は1633人。また、大邱・慶北地域で新たに確認された30人中23人は、31番目の患者が通っていた教会と関連があることがわかった。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!