新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

2月12日の菅官房長官「マスク増産で品薄解消される見通し」⇒政府がデマと批判が相次ぐ!マスク不足で不満

*官邸
2月12日に政府がマスクの増産を発表し、2月下旬にはマスク不足が解消されると言及した件がデマだったとして、国民から批判を浴びています。
問題となっているのは12日に菅官房長官が記者会見で語った内容です。

菅官房長官はこの時の記者会見で「1億枚以上を供給できる見通しができた」と述べ、早ければ翌週にもマスク不足が解消されると発表しました。

しかしながら、それから2週間が経過してもマスク不足が一向に解消される気配がなく、遂に国民から「アレは嘘だったのか」「政府がデマを流すな!」などと怒りの声が殺到。SNS上でも品不足が発生した要因の1つは政府にもあるとして、批判のコメントが増えています。

そもそも、普通に考えて1億人が毎日マスクを付けると考えた場合、1週間で7億枚は必要になるわけで、1億枚の増産でマスク不足を解消できると発表した政府の見立ての甘さこそが要因になっていると言えるでしょう。
これは新型コロナウイルス対策でも同じで、甘い見通しがそのまま全体の対応遅れに繋がっている印象があるところです。

 

マスク不足 来週にも解消へ 1億枚以上供給可能に
https://www.fnn.jp/posts/00432034CX/202002121852_CX_CX

新型コロナウイルスの感染拡大により、マスクが品薄状態になっていることについて、菅官房長官は、早ければ来週にも、品薄が解消されるとの見通しを示した。
菅官房長官「(マスクの品薄解消の見通し時期は?)考えているのは、来週以降ということであります」

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!