新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

トイレットペーパーやマスクに続き、今度は食品全般が品薄に!臨時休校から買い溜め急増!緊急事態宣言を警戒も

日本中で様々な商品が品薄となっています。
先月まではマスクや消毒液のような医療品に限定されていた物不足ですが、トイレットペーパーの買い占め騒動や全国一斉休校をキッカケにして、食品を買い溜める人が各地で出現。
政府が非常事態宣言で全国を一斉規制するというような話も浮上していることから、緊急事態に備えて多くの人たちが数日から数週間分の食料品や日用品を求めてスーパーなどに殺到しています。

特に日持ちが長いパスタ類や缶詰、冷凍食品、カップ麺などは続々と完売が相次ぎ、人が多い都市圏だと何処も売り切れになっていました。
政府やメーカーは過度な買い溜めを控えるように呼び掛けていますが、新型コロナウイルスで次々に厳しい政策や対応が出て来ているだけに、あまり注意喚起の言葉は効力を持っていません。

品薄になることで不安になった人が更に買い溜める傾向も見られ、しばらくは全国的に品薄状態が続きそうです。

 

トイレットペーパー品薄 米、納豆、カップ麺も メーカー「在庫十分。安心して」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00000061-mai-soci

新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、全国の小売店でトイレットペーパーやティッシュペーパーの買いだめが相次いでいる。デマの拡散によるものとみられ、業界団体は冷静な対応を呼び掛ける。買いだめは米やパスタ、缶詰などの備蓄品や納豆にも及んでおり、感染拡大の影響が広まっている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!