新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

古舘伊知郎氏の発言が話題に!「4630万円より予備費の使途不明金11兆円をメディアは追及するべき」


*古舘伊知郎チャンネル
フリーキャスターとして活動中の古館伊知郎氏(67)の発言がネット上で大きく注目を集めています。

注目を集めているのは5月25日に放送された「ゴゴスマ~GOGO!Smile~」に出演した際の発言内容です。

東スポの記事に掲載された古舘氏の発言には「もちろん、4630万円も大事な税金。しかし、一方でコロナの予備費の使途不明金が11兆とか12兆円という気が遠くなるような金額が出ている」と書いてあり、メディアに対して給付金の4630万円問題よりも予備費の使途不明金を追及するように促していました。

この発言が報道されるとSNS上で一気に拡散され、多くの人たちから共感や納得の声が相次ぎ、一時ツイッターのトレンドに入るほどに話題となっています。

古舘氏が指摘したのは日本経済新聞が今年4月に報道した記事「コロナ予備費12兆円、使途9割追えず 透明性課題」であり、日本経済新聞の追跡調査で9割以上の予算が使途不明金だったと報道されていました。
野党議員からも使途不明金を指摘する声はあり、古舘氏の発言をキッカケにして世論が盛り上がれば、追及の動きは強まることになるかもしれません。]

 

古舘伊知郎ズバリ! 4630万円より「コロナ予備費の使途不明金11兆を追及すべき」
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4213007/

25日放送のCBC「ゴゴスマ~GOGO!Smile~」でフリーキャスターの古館伊知郎氏(67)が、山口県阿武町の4630万円の誤送金問題の報道について苦言を呈した。
古舘は「もちろん、4630万円も大事な税金。しかし、一方でコロナの予備費の使途不明金が11兆とか12兆円という気が遠くなるような金額が出ている」と指摘。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!