新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

名古屋で医療機関のベッドが不足、感染確認の4人を自宅療養へ!僅か200床だけ 大規模な収容病院が必要に?

*名古屋市
新型コロナウイルスの感染者が急増している名古屋市で、患者を収容するための医療施設が不足していることが分かりました。
3月18日の時点で名古屋市の患者数は99人となっており、現時点で対応が可能な医療機関のベッドの調整が出来ず、4人が自宅療養になっているとNHKが報じています。

愛知県内では新型コロナウイルスに対応が出来るベッド数が200床しか無く、このままだと全てが埋まってしまうのは時間の問題となっているところです。
名古屋市は臨時対応として4人の自宅療養を指示していますが、これから更に患者数が増えた時はどうするのか決まっていません。

中国と同じように緊急用の臨時病院や搬送施設を作る必要があり、症状が重い患者が多く出た場合などに備えて、今後の対応を議論するとしています。

 

医療機関のベッド調整つかず 感染の4人が自宅療養に 名古屋
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200317/k10012336511000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、名古屋市では、患者に対応できる医療機関のベッドの調整がつかず、感染が確認されたものの自宅療養を余儀なくされている人が4人いることが関係者への取材で分かりました。
愛知県内では、新型コロナウイルスに感染した人が16日までに北海道に次いで2番目に多い123人にのぼり、このうち名古屋市では99人が感染し、14人が死亡しています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!