新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

BCGワクチンに新型コロナ抑制効果?豪研究所が臨床試験へ 日本で増加率が少ないのはハンコ注射か


日本だとハンコ注射として有名なBCG(Bacille de Calmette et Guérin)ワクチンに新型コロナウイルスを抑制する効果があるかもしれないとして、オーストラリアの研究機関が臨床試験を開始すると発表しました。

時事通信社によると、この臨床試験はオーストラリア南部メルボルンにある小児医療研究所「マードック・チルドレンズ・リサーチ・インスティチュート」で行われる予定で、BCGワクチンが新型コロナウイルスの感染者にどのような作用を与えるのか調査するとのことです。

海外では複数の研究者から「BCGワクチンを使うことで、新型コロナに似たウイルスに感染した人のウイルス数が減った」というような報告があり、それを調べるために臨床試験を行うとしています。

実際にBCG接種を義務づけている国の多くで新型コロナウイルスの死亡率や増加率が少ない傾向が見られ、日本も例外ではありません。ウイルス検査の数値を改ざんや隠蔽していないとすれば、BCGワクチンで新型コロナウイルスを抑え込んでいると考えることが出来ると言え、臨床試験の行方に世界が注目しています。

 

BCG
https://ja.wikipedia.org/wiki/BCG

BCG(仏: Bacille de Calmette et Guérin の略、カルメット・ゲラン桿菌)とは、ウシ型結核菌(Mycobacterium bovis)の実験室培養を繰り返して作製された細菌、および、それを利用した結核に対する生ワクチン(BCGワクチン)のこと[1]。本来は前者にあたる細菌そのものを指す語であったが、一般社会や医学分野では後者を単に「BCG」と呼ぶことが多い。以下、本項では前者を「BCG」、後者を「BCGワクチン」と表記する。

BCGワクチン臨床試験へ 新型コロナに効果か―豪研究所
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032700946

【シドニー時事】オーストラリア南部メルボルンにある小児医療研究所「マードック・チルドレンズ・リサーチ・インスティチュート」は27日、新型コロナウイルスに効果があるかどうかを調べるため、結核予防に使われるBCGワクチンの臨床試験を開始すると発表した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!