新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中国が南シナ海に新たな行政区設置を宣言!各地で中国海軍の目撃報告も 「海南省の三沙市が管轄する」


中国が南シナ海の領有権を強く主張し、新たな行政区を設置すると表明しました。

新たな行政区が設置されるのは西沙諸島(パラセル諸島)や南沙諸島(スプラトリー諸島)で、それぞれの区には行政組織も設けるとしています。南シナ海にはベトナムやフィリピンなどが領有権を主張している島や海域が多くあり、それを丸ごと中国側が飲み込んだ形だと言えるでしょう。
既に複数の人工島を造成して、そこに軍事関連の施設を整備するなど実効支配を強化している状態で、中国の動きにはアメリカを始めとする国際社会も度々警告を発していました。

世界が新型コロナウイルスに注目している状況ということもあって、一連の行為は後々に大きな問題になるかもしれません。

 

中国 南シナ海の島に新たな行政区設置を発表
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200418/k10012394921000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

中国政府は、領有権をめぐる争いのある南シナ海の島々に新たな行政区を設置すると発表しました。中国には領有権の主張を強めるねらいがあるとみられますが、対立する国々からは、新型コロナウイルスの対策に追われる中での動きに、反発する声が出ることも予想されます。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!