新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京都が新型コロナウイルスの新基準を発表!東京アラートの基準撤廃、感染状況と医療体制で判断へ


6月30日に東京都の小池百合子都知事が記者会見を開き、新たな新型コロナウイルスの基準を発表しました。

小池都知事は今まで使われていた東京アラートの基準値は撤廃するとして、新たに医療体制と感染状況で総合的に判断するための指針を設けると表明。
新基準の目安となる項目では、検査の陽性率や入院患者数、重症患者数、救急隊の受け入れ要請状況、新規陽性者数、発熱相談件数、感染経路不明者数を総合して評価するとしていました。
基本となる数値は過去1週間となり、専門家らを集めた「モニタリング会議」を原則週1回は開いて、感染状況の総合的な評価を下すとしています。

今回の新基準だと具体的な数値は無く、あくまでも全ての状況を総合して都知事と専門家らで東京都の警戒情報を出すかどうかを決めるとしていました。

 

都、注意喚起の数値基準撤廃 医療体制軸に総合判断
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO61001020Q0A630C2MM8000?s=4

新たな項目は▽検査の陽性率▽救急隊の受け入れ要請が5つ以上の医療機関で拒否されるか、搬送先が20分以上決まらなかった件数▽入院患者数▽重症患者数――の医療体制関連の4項目と、▽新規陽性者数▽救急への発熱相談件数▽感染経路不明者の数と増加比――の感染状況をみる3項目。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!