新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

PCR検査の陽性率、政府も正確に把握していないことが判明!検査結果の判明日もバラバラ 政府の判断基準は?


新型コロナウイルスのPCR検査について、政府が全国の詳細な数値を把握していないことが分かりました。
これは毎日新聞が報道した情報で、検査人数に対する陽性者の割合を示している陽性率を含め、重要な数字が不明な状態になっていると報じられています。

具体的には陽性率の算出に不可欠な「分母」と「分子」を全国的に把握する仕組みが存在せず、厚生労働省が求める報告に12の都県が応じてないとまとめられていました。
また、PCR検査を国と民間機関でバラバラに実施している影響で、数字の全体像を把握していないとも報道されています。

国が把握しているのは直轄の調査機関や保健所などを通した報告がメインだと見られ、緊急事態宣言の延長を含め、国が何の数字を根拠にして、新型コロナウイルス関連の政策を決めているのか疑問を感じるところです。
少なくとも、公式発表の数字は全体の一部だけだと言え、国全体として新型コロナウイルスの陽性率を出さなければ、有効な対策を打ち出すのも難しいと思われます。

 

政府がPCR「陽性率」を正確に把握できない事情 12都県は厚労省の報告要求に応じず
https://mainichi.jp/articles/20200503/k00/00m/010/138000c

新型コロナウイルスの感染の有無を確認するPCR検査(遺伝子検査)について、政府が新規の検査人数に対する陽性者の割合(陽性率)を正確に把握できずにいる。国内の感染状況を分析するための重要な指標だが、検体を採取する機関が多数ある上に、その検査結果が判明する日にちもバラバラになりがちで、陽性率の算出に不可欠な「分母」(新規検査人数)と「分子」(陽性者)を全国的に把握する仕組みが存在しない。厚生労働省が求める報告に、12に及ぶ都県が応じていない実情もある。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!