新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

香港で令状なしの捜索が可能に!香港国家安全維持法から逮捕続出!習近平主席の国賓中止、自民党は賛否両論


香港政府が令状なしでも反体制活動に掛かっていると判断した人物を立ち入り調査や捜査を出来るようにしていることが分かりました。

報道記事によると、香港政府は香港国家安全維持法が施行されたことを受けて、反体制運動を行っている市民らの取り締まりを強化しており、その一環として緊急時の「特殊な状況下」では、警察官に捜査令状なしでの立ち入りや証拠収集活動を認めると表明。
7月7日から新たな捜査方針を開始する予定で、合わせて政府トップの行政長官の許可があれば、当局による通信傍受が可能になるとして、国家の安全に危害を加える情報の削除も出来るとしていました。

捜査令状なしの警察活動に大幅な情報統制がセットで実施されることになり、いよいよ香港当局の言論統制が本格化すると言われています。

一方で、香港の動きに日本の反応は鈍く、今月に自民党の外交会合では中国の習近平国家主席の日本訪問を巡って議論が行われましたが、賛否両論で結論は先送りとなりました。
「国際社会と協調して中国に批判決議を出すべきだ」との声と、「中国との関係を壊す恐れがある」というような意見が飛び交い、意見がまとまらなかったとNHKは報じています。

いわゆる親中派の二階幹事長らを中心とするグループが猛反発しているようで、日本政府としての方針も明確に決まっていない印象があるところです。

 

香港、令状なしの捜査を一部許可 反体制派の出国制限も
https://news.yahoo.co.jp/articles/c36e06da4126882d116575ed9e25ffe53cf9a657

香港政府は6日、反体制活動を取り締まる香港国家安全維持法(国安法)に基づく政策策定の司令塔となる国家安全維持委員会の初会合を開き、捜査手続きを定めた施行規則を決定した。緊急時などの「特殊な状況下」では、警察官に捜査令状なしでの立ち入りや証拠収集活動を認めるなど、捜査機関に強い権限を与える内容だ。7日から適用される。

中国 習国家主席の国賓中止案 自民会合で意見まとまらず
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200706/k10012500221000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

施行を受けて、自民党の外交関係の会合で、中国の習近平国家主席の国賓としての日本訪問をめぐって議論が行われました。しかし、政府に中止を求めるかどうかで意見がまとまらず、調整を続けることになりました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!