新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

イギリス政府が付加価値税を20%から5%に引き下げ!来年1月12日までの半年間


*BBC
イギリス政府が経済対策の一環として、付加価値税の税率を20%から5%に引き下げると発表しました。
付加価値税とは日本の消費税と同じもので、2020年7月15日から2021年1月12日までの半年間に限定する形で減税を行うと報じられています。

既にドイツも同じような減税政策を行っており、国の経済がやや回復していることから、イギリスも同じ政策に踏み切った形です。

このような諸外国の減税政策を受けて、日本でも国民から消費税廃止や減税を求める声が高まっていますが、政府与党は全く減税をやろうとはしていません。
麻生太郎財務相は消費税減税に否定的なコメントを出し、あくまでも金融政策で景気全体を底上げするべきだと強調。

安倍首相も基本的な路線は変わっておらず、イギリスのような減税政策を期待することが出来ないのが現状の日本となっています。

 

英政府 付加価値税 飲食店など20%から5%に半年間引き下げ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200709/k10012505531000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

イギリス政府は、新型コロナウイルスによって大きな打撃を受けている飲食店やホテルなどを支援するため、これらを利用する際にかかる日本の消費税にあたる付加価値税の税率を20%から5%に引き下げると発表しました。ヨーロッパでは、ドイツがすでに付加価値税の税率の引き下げを始めています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!