新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京都で新たな感染者が143人、がん検診センターでも感染報告!感染者の479人とは連絡取れず・・・


*東京都
東京都は7月14日に新型コロナウイルスの感染者が新たに143人が確認されたと発表しました。
詳しい内訳などの情報は夜に発表される見通しですが、土日は検査数が少なかったことから、一時的に数字が下がっていたところです。

新規感染者の中には公益財団法人東京都保健医療公社東京都がん検診センターに勤務している医者も含まれ、医者が業務を行っていた診察室などは消毒の対象となりました。

一方で、東京都の陽性患者と連絡が取れなくなるケースが多発しているとして、レビ朝日「モーニングショー」は「少なくとも479人の陽性者と連絡が取れない」と報じています。
記者会見で菅官房長官も「東京都に詳細な状況の確認を求めている」とコメントし、事実関係として連絡が取れていないことは把握していると明かしました。

感染者の追跡調査が全く出来ていない状態を示していると言え、感染拡大が見えない場所でかなり広がっているのだと思われます。

 

東京都がん検診センター職員の新型コロナウイルス感染について(第564報)
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/07/14/12.html

(1) 経過
7月7日(火曜日)
センターで外来診療。あわせて、病院にて患者の診療を実施。症状なし
7月8日(水曜日)
センターで外来診療。症状なし
7月9日(木曜日)【発症日】
午前中は出勤するが、診療はしていない。
午後から休暇を取り在宅(外出は買い物程度)。以降、午後3時00分過ぎから発熱及び咽頭痛が出現
7月10日(金曜日)
午前中に近医受診。PCR検査を実施
7月11日(土曜日)及び12日(日曜日)
自宅療養
7月13日(月曜日)
PCR検査の結果、「陽性」が判明。保健所の指示により入院中

(2) 現在判明している事実
当該職員は、勤務中は常時マスクを着用し、手指衛生を行っている。また、センターや病院において、陽性患者との接触歴はない。
所管保健所の指導を踏まえ、当該職員の発症日の2日前である7月7日(火曜日)以降の当該職員と接触があったものは、センターでは患者3名、職員8名である。また、7月7日に診療を行った病院における当該職員との接触者は、患者2名、職員7名である。このうち、濃厚接触者に該当すると判断された患者・職員はいない。
当該職員と接触があった患者、職員に、感染を疑わせる咳・発熱等の症状は認められていない。

東京感染479人と連絡取れず 岡田晴恵教授「甘く見ちゃいけません」
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/07/14/0013508389.shtml

 14日のテレビ朝日「モーニングショー」は、東京都で新型コロナウイルス検査の陽性者のうち479人と連絡が取れなくなっており、出歩いたり仕事を継続している恐れがあると伝えた。

出演した白鴎大学の岡田晴恵教授は「ここに強制力はない」と問題点を指摘するとともに、「若い人でも急に悪くなることがあります」と指摘。「血栓で脳梗塞とかあります。甘く見ちゃいけません」と警告した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!