新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

旭川市の西川市長、自衛隊派遣要請を一度却下!慶友会吉田病院が激怒して抗議文!「公共性・非代替性を理由に却下」


*吉田病院
12月7日に自衛隊の派遣を要請することになった北海道の旭川市ですが、数日前から医療機関側が強く自衛隊派遣を要請するも、それを市長側が却下していたことが分かりました。

これは大規模なクラスター感染が発生し、事実上の医療崩壊状態となっている旭川市の「慶友会吉田病院」が明かした情報です。

12月1日付で公式ホームページ上に掲載された記事には、「旭川市に対してはこれを『災害』と認定して、自衛隊看護師の派遣、感染予防具の供給、等を道に依頼して欲しいとの要請を行いました。しかしながら西川市長からは『公共性』『非代替性』を満たさないとの理由から即座に却下され、ここでも対応が遅れる事態となり、その後の更なる感染拡大を招く事態となりました」と書いてあり、市の対応遅れが感染拡大の原因になっていると指摘。
市が「最後の砦」と宣伝していた旭川厚生病院も院内感染が発生すると即座に医療スタッフを撤収させ、これも医療崩壊を誘発した要因になったとまとめています。

この記事はネット上でも物議を醸しており、市の対応に批判や疑問の声が噴出していました。

 

感染拡大の経緯をHPで公表
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20201203/7000027648.html

大規模な新型コロナウイルスのクラスターが発生している旭川市の「慶友会吉田病院」が、ホームページ上で感染拡大の経緯を公表しました。他の病院の支援に感謝する一方、保健所や市などの支援の遅れを指摘しています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!