新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京都病院協会が緊急メッセージ 「医療崩壊直前です!医療を受けられず死亡する恐れ」「緊急事態宣言やロックダウン並の対応しか無い」


*東京都病院協会
東京都病院協会が緊急メッセージを発表しました。

東京都病院協会は緊急メッセージの中で、「現在、東京都では医療崩壊直前です」「現状のまま感染者が増え続け、東京都で1日1,000人を超えるような事態になれば、適切な医療を受けられず死亡する人が出てくることが高い確率で予想されます」と述べ、東京都の医療提供体制は維持することが厳しい状態が続いていると報告。
医療従事者の疲労状態が酷く、このまま都の感染者数が1日1000人を超えた場合、高い確率で医療は崩壊するだろうとまとめていました。

そして、これらの事態を回避するためには今から短期間で感染者数を激減させるしか方法が無いとして、緊急事態宣言やロックダウン(都市封鎖)に匹敵する強力な対応を国がやるしか無いと要請しています。。

医師会からも先日に「余裕がない」とのコメントがありましたが、東京都病院協会のメッセージはそれ以上に鬼気迫る内容だと言えるでしょう。

 

東京都病院協会からの緊急メッセージ
https://tmha.net/important/20201218_message.html

現在、東京都では医療崩壊直前です。
①現状のまま感染者が増え続け、東京都で1日1,000人を超えるような事態になれば、
適切な医療を受けられず死亡する人が出てくることが高い確率で予想されます。

②医療従事者、特に看護師が疲弊しきってきています。
診療の現場での疲労に加え、感染を外部から持ち込むことによる病院内での集団感染を予防するため、10ヶ月以上の長期にわたり私生活を強く規制されています。
私権の制限に相当する状況です。もちろんほとんどの看護師はGO TO キャンペーンは利用できる立場ではありません。

①,②を回避するためには感染者数を短期間で激減させるしか方法はありません。
それには、緊急事態宣言やロックダウンに匹敵する極めて強力な対応を行うことが不可欠です。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!