新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

国民投票法の改正案、来週15日に審査会の開催方針 野党反発するも与党は改憲に前向き 


国民投票法の改正案について、政府与党が来週15日に衆議院憲法審査会を開く方向で動いていることが分かりました。

NHKの記事によると、4月8日に行われる予定だった衆議院憲法審査会は立憲民主党や共産党の反発もあって見送りになりましたが、その後も自民党や公明党は姿勢を変えておらず、来週15日に再び衆議院憲法審査会の再開を目指す方向で調整しているとのことです。
この審査会後に国民投票法改正案の本格的な国会議論が始まることから、法案の内容そのものに反発している野党としては審査会の開催すら認められない情勢となっています。

与党側も憲法改正の前段階として国民投票法改正案を可決する必要があり、来週の審査会を巡って与野党の攻防が続いているところです。

 

自民 公明など 衆議院憲法審査会 来週15日の開催を目指す
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210407/k10012961601000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

憲法改正の手続きを定めた国民投票法の改正案をめぐり、自民・公明両党などは8日に衆議院憲法審査会を開きたいとしていましたが、立憲民主党などの反発を踏まえ、8日は見送り、来週15日の開催を目指すことを決めました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!