新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京五輪の聖火リレー、財源に約100億円のスポンサー協賛金!聖火リレーを止めたら請求?「逸失利益を支払えと言われかねない」


*聖火リレー
東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーで、運用費用の大半がスポンサー協賛金だったことが分かりました。

東京新聞の記事によると、聖火リレーの費用は殆どが企業の協賛金で、その金額は総額で約100億円。
行政が出している費用や沿岸警備や式典関連だけとなっており、このスポンサー協賛金を前提にしているからこそ、聖火リレーは中止決定が出来ないと報じられています。

組織委員会の関係者は「世論の批判を浴びたからといって、リレーを途中で中止したら、スポンサーから『逸失利益を支払え』と言われかねない」などとコメントし、聖火リレーのストップは損害賠償を請求される恐れがあると指摘していました。

新型コロナウイルスの感染拡大や派手なパフォーマンスなどで聖火リレーへの批判が噴出していますが、それでも大会組織委員会はゴリ押しで聖火リレーを最後までやり遂げようとしているのが実情です。

 

垣間見える商業五輪の醜さ スポンサーで成り立つ聖火リレー
https://www.tokyo-np.co.jp/article/102034

 企業に広告を認める代わりに、莫大な協賛金を負担してもらう―。そんな「商業五輪」の源流は、1984年のロサンゼルス大会にさかのぼる。背景には、その8年前のモントリオール大会が巨額赤字を残したことへの反省があった。
東京大会の聖火リレーがスポンサー優遇に見えるのはなぜなのか? 答えは単純である。リレーの財源が、約100億円のスポンサーの協賛金だからだ。
国からの支出はない。都も他の道府県と同様に、都内の沿道警備や式典の費用を負担するだけだ。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!