新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

女性の政治進出、日本は世界158位に!女性議員の割合は10.1%で最低水準


*国会
IPU(列国議会同盟)が行っている女性議員の割合調査で、日本の順位が世界158位になったことが分かりました。

NHKによると、日本は中国や韓国よりも低い順位となっており、先進国の中でも最低水準の158位になったとのことです。これは世界193ヶ国が対象となっている調査で、日本の衆議院の女性議員の割合は10.1%となっています。

1位はアフリカのルワンダで61.3%、2位はボリビアで53.1%、3位はキューバで48.9%でした。この結果についてIPUは「安倍政権は2012年から日本をすべての女性が輝く社会にすると掲げているが、まだ達成されていない」と指摘し、安倍政権の政策面に疑問を投げ掛けています。

 

女性議員の割合 日本は158位 先進国で最低水準
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180303/k10011350881000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005


世界各国の議会に占める女性議員の割合を調べたところ、日本は158位となり、依然として先進国の中で最低水準にとどまっています。
この調査は、各国の議員たちで作るIPU=列国議会同盟が定期的に行っているもので、ことし1月1日時点の各国の一院制、あるいは下院の議会で女性議員が占める割合の調査結果を2日に発表しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!