新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【噴火】霧島連山の新燃岳、再び噴火を観測!火山性微動も拡大!2011年以来の規模か


鹿児島県にある霧島連山の新燃岳で再び噴火を観測しました。新燃岳では3月1日午前11時頃に小規模な噴火が発生し、それから活発な活動が継続しています。

3月3日に入っても火山活動は収まる気配がなく、午後4時55分から5時20分の間に強い火山性微動と空振(空気の振動)が観測されました。

気象庁は火口から約3キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛け、今後も更なる噴火が発生する可能性があると指摘しています。

過去の記録を見てみると、新燃岳では2011年1月に大規模な噴火が起きており、準プリニー式噴火や52年ぶりとなる爆発的噴火(ブルカノ式噴火)が発生していました。
この噴火を東日本大震災の前兆現象と指摘する声もあるところで、今回の噴火も同じような大噴火に発展するのか注目したいと思っています。

 

霧島連山 新燃岳 微動の振幅増大と空振を観測
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180303/k10011350761000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_040

鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳では、1日に発生した噴火が3日も続いていて、夕方には、火山性微動の振幅が一時的に大きくなったほか、空振=空気の振動も観測されました。気象庁は、これまでよりも噴煙の量が増えた可能性があるとして、噴火警戒レベル3を継続し、火口からおおむね3キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。


情報速報ドットコムの最新記事が届きます!