新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

森友文書問題、理財局長が総理夫人案件と認める!文書作成時に首相の妻を意識


3月19日の国会で太田理財局長が森友文書を総理夫人案件だと認める発言をしました。

これは参院予算委員会で共産党の小池晃氏から「なぜ議員でもない昭恵さんの動向が記載されているのか」などと質問されたからで、太田理財局長は「それは基本的に、総理夫人だということだと思います」とコメント。
理財局長として正式に総理夫人案件と認めた形で、この発言には野党からも驚きの声が相次いでいました。

小池氏は「重大な発言だ。まさに国会議員以上に配慮しなきゃいけない存在だから決裁文書に登場した」などと言及し、安倍昭恵夫人の存在が重要だったと指摘しました。

ただ、与党側は依然として安倍昭恵夫人の証人喚問を拒否しており、昭恵夫人はあくまでも一般人として対応を拒んでいます。

 

理財局長「総理夫人ということ」 昭恵氏の名記載の理由
https://www.asahi.com/articles/ASL3M4TMRL3MUTFK00S.html

 19日の参院予算委員会で財務省の太田充理財局長は、書き換え前の決裁文書に安倍昭恵氏を巡る記載があった理由について「それは基本的に、総理夫人だということだと思います」と述べた。決裁担当者が、安倍晋三首相の妻としての立場を意識して書いたとの見方を示した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!