新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ロシアのスパイ未遂事件で対立激化!NATOもロシア職員を追放へ 24か国140人超で対応!


ロシアのスパイ未遂事件を受けて、世界各国の対立が激化しています。欧米などの各国がロシアの外交官の追放を相次いで決める中、NATO(北大西洋条約機構)もNATOロシア代表部の職員7人を追放すると発表。
これで26か国が合わせて140人を超えるロシアの外交官の追放が決まったと報じられています。

追放を決定した国はロシアのスパイ活動があった欧米諸国が多く、イギリスやアメリカ、ドイツ、ウクライナなどが動きました。
NATOのストルテンベルグ事務総長は記者会見で「NATO加盟国の領域内で神経剤が使われた初めてのケースだ」とコメントし、今回のスパイ事件は重大な問題だと指摘。

問題視されているのはロシア製の神経剤が他国で使われた点で、過去にもロシアは諜報活動の一環で強力な毒ガスを使っていたことがありました。
被害を受けたイギリスだとロシアの諜報員全員を探し出して追放する動きも出ており、新たな東西冷戦の始まりとも取り上げられています。

 

NATOもロシア代表部職員7人を追放 元スパイ暗殺未遂事件
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180328/k10011382011000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

イギリスで起きたロシアの元スパイの暗殺未遂事件への対抗措置として、欧米などの各国がロシアの外交官の追放を相次いで決める中、NATO=北大西洋条約機構もNATOロシア代表部の職員7人を追放すると発表しました。

ロシア外交官追放 24か国130人超に 英首相「情報員の一斉追放」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180327/k10011380591000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

イギリスで起きたロシアの元スパイの暗殺未遂事件を受けて、欧米を中心に24か国から合わせて130人を超えるロシアの外交官が追放されることになり、イギリスのメイ首相は「史上最大のロシアの情報員の一斉追放だ」と述べ、各国と協力してロシアへの圧力を強めていく姿勢を示しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!