新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京五輪のボランティア募集に批判殺到!中高生は強制参加?「原則自己負担!10日以上で11万人」

*五輪
東京都と2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が行っている東京五輪のボランティア募集内容に疑問の声が相次いでいます。

このボランティア募集は9月中旬から12月上旬にかけて行う予定で、内容はユニホームと飲食以外は全て自己負担というものです。募集予定人数は約11万人で、新たに中高生用の枠も設けて参加を促すとしています。

作業日数は10日間以上で、1日5時間程度の作業量を想定中です。組織委は競技知識やボランティア経験、英語など語学の技能を持つ人材を求めていると報じられています。

これに対して国民からは「事実上の無償労働だ」「交通費も自己負担は厳しい」「ボランティアする余裕ない」などと疑問の声が殺到。作業日数が1日5時間の10日以上と長いことにも疑問の声が相次ぎ、長い労働内容から給与を出すべきだと指摘する意見も多かったです。

中高生に関しては強制参加になるという意見も見られ、下手をすると強制労働や徴兵制度みたいな感じになる恐れもあると言えるでしょう。

 

ボランティア11万人 9月から募集
https://mainichi.jp/articles/20180328/k00/00e/050/268000c

 東京都と2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、ボランティアの募集要項案を発表した。9月中旬から12月上旬にかけて募集を行い、面接による選考や研修を経て、本番では過去最大規模となる約11万人が大会運営を支える。ボランティアは18歳以上(20年4月1日時点)が原則だが、組織委は中高生向けの新たな枠を設けて、大会参加を促していく方針。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!