新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

シリア毒ガス騒動、国連調査に拒否権!トランプ大統領は攻撃示唆!72時間以内に空爆の恐れ

*BBC
シリア政府軍が反体制派に毒ガス攻撃をした疑惑が浮上している問題で、独立した調査機関による現地調査が国連で提案されましたが、国連常任理事国のロシアが拒否権を行使した事で実行されませんでした。

4月9日に緊急の国連安全保障理事会が行われ、その中でシリアで誰が化学兵器を使用したのか調べる独立した調査機関の設置を求める決議案が提案されます。この決議案には安保理15か国のうち12か国が賛成しましたが、ロシアが拒否権を行使したため否決されました。

この否決でアメリカのトランプ大統領は激怒し、「ロシアは準備しろよ。(ミサイルが)やってくるぞ。素晴らしくて新しくて『スマート』なやつだ!」などとツイートを投稿。
更にロシアやシリア政府にも強い疑問を投げ掛け、「ロシアと我々の関係は今、冷戦時代も含めて過去最低だ。そうである必要はない。ロシアは経済的に我々の助けが必要で、実現するのはとても簡単なことだ。全ての国が協力する必要がある。軍拡競争やめるか?」とコメントしています。

シリアの毒ガス疑惑と国連調査の拒否をキッカケにして米露の対立が再燃する形となり、欧州管制機関は「72時間以内に空爆の恐れがある」として注意を呼び掛けていました。

 

シリア現地調査の決議案 国連安保理で否決 ロシアが拒否権
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180411/k10011398381000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_014

シリアで化学兵器の使用が疑われる攻撃で多くの死傷者が出たことから、国連の安全保障理事会ではアメリカが提案した独立した調査機関による現地調査を求める決議案の採決が行われましたが、ロシアが拒否権を行使して否決され、シリアをめぐるアメリカとロシアの対立が続いています。

ミサイル「やってくるぞ」 トランプ米大統領、ツイッターでシリア攻撃予告
http://www.bbc.com/japanese/43735285

ドナルド・トランプ米大統領は11日朝、化学兵器による攻撃が疑われるシリアにミサイルが「やってくるぞ」とツイッターに投稿し、近く軍事行動を起こすことを示唆した。

トランプ大統領は、「ロシアは準備しろよ。(ミサイルが)やってくるぞ。素晴らしくて新しくて『スマート』なやつだ!」とツイートした。

ロシア政府高官らは、米国から攻撃があった場合には対抗措置を取ると警告している。

バシャール・アル・アサド大統領率いるシリア政権は、今月7日に首都ダマスカス近郊の反政府勢力が支配するドゥーマに化学兵器による攻撃を行った、との疑惑を否定している。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!