新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

衆議院解散総選挙、6月3日投開票の日程になる可能性!飯島勲内閣官房参与が言及


小泉政権などで「内閣を動かす男」と呼ばれていた飯島勲内閣官房参与が衆議院解散総選挙の日程について言及しました。

17日にBSフジのテレビ番組に出演した飯島氏は、今の情勢が長引くと自民党が不利になるとして、ゴールデンウイーク開けの早い時期に衆議院を解散するべきだと指摘。具体的には連休明けに衆議院を解散し、6月3日投開票の日程で検討していると明かしました。

飯島氏は「一日でも早く解散して安倍晋三首相の政策遂行の姿勢を表明し、重要課題に向き合う姿勢を国民に知らしめてほしい」ともコメントしており、今なら勝機があるとコメントしています。

各種世論調査を見ても、安倍内閣の支持率が下がっているのに政党別の支持率だと野党は低迷しており、立憲民主党以外では1%にすら届かない政党ばかりです。
立憲民主党も資金や候補者の数で不安があるところで、野党がまとまることが出来なければ、衆議院解散総選挙の結果が前回と同じになるかもしれません。

 

飯島参与「一日も早く解散を」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041701152&g=pol

 飯島勲内閣官房参与は17日夜のBSフジ番組で、安倍政権をめぐる一連の疑惑や不祥事からの局面転換のため、速やかに衆院解散・総選挙を行うべきだとの考えを示した。「一日でも早く解散して安倍晋三首相の政策遂行の姿勢を表明し、重要課題に向き合う姿勢を国民に知らしめてほしい」と強調。最も早いケースとして5月の大型連休明け解散、6月3日投開票の日程を挙げた。(2018/04/17-21:00)

 

関連過去記事

安倍晋三首相に起死回生の切り札!昭恵夫人との電撃離婚で森友帳消しか 解散総選挙と同時
http://johosokuhou.com/2018/04/11/3308/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!