新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相に起死回生の切り札!昭恵夫人との電撃離婚で森友帳消しか 解散総選挙と同時

*官邸
森友文書問題や加計学園問題の再燃から非常に厳しい状態に追い込まれている安倍政権ですが、ここに来て起死回生の切り札の存在が指摘されています。

それは安倍晋三首相が昭恵夫人との電撃離婚を表明し、夫人に森友問題などの責任を取らせるという内容です。元々、昭恵夫人が名誉校長に就任して騒ぎが拡大しただけに、全ての責任を昭恵夫人にして政権への被害を防ぐのはあり得る話だと思います。

更に電撃離婚とセットの形で憲法改正や増税延期などを理由にして衆議院解散を打ち出し、そのまま総選挙に突入することで全てを洗い流そうという狙いもあると言われているのです。

安倍政権の支持率は低迷していますが、自民党の支持率そのものは下がっておらず、野党は民進党や希望の党のドタバタもあって、今も弱い状態が続いています。
安倍首相から見れば、今は選挙のボーナスタイムというような環境だと言えるでしょう。

安倍昭恵夫人との電撃離婚と解散総選挙、このまま窮地に追い込まれれば、最後には切り札を使ってくることになりそうです。

 

安倍総理が「6月に昭恵さんとの電撃離婚→解散」の噂が浮上! 離婚をみそぎとして解散&憲法改正か!?
http://tocana.jp/2018/04/post_16560_entry.html

「安倍総理はすでに離婚の覚悟を決めている」と、ある政界筋は言う。

「憲法改正を成し遂げるには、昭恵夫人との電撃離婚解散しか手がないことは、安倍総理にもわかっている。これまで一貫して昭恵夫人をかばってきた総理だが、正直、妻である昭恵さんに足を引っ張られることにはうんざりしている。夫人という“私人”の枠を超えて、たびたび政治案件に首を突っ込んできた昭恵さんに対して、国民が強い違和感をもっていることもよく理解している総理は、離婚という形で、国民に対してけじめをつけて見せ、求心力を取り戻した上で、解散総選挙へ打って出るつもりだ。それに勝てば、総裁選と、続く憲法改正まで一気に持っていける可能性が大きくなる」(永田町筋)

首相官邸、佐川氏逮捕を期待か…証人喚問で改ざん関与否定→衆院解散シナリオくすぶる
http://biz-journal.jp/2018/03/post_22765.htm

 さて、佐川さんは証人喚問にどのような姿勢で臨むのでしょうか。永田町でも関心が集まっていますが、大きく分けて2つのパターンが考えられます。

(1)“サムライ”になりきり、「すべて自分が指示して文書の書き換えをさせた。理由は、安倍首相に恩を売って偉くなりたかったから」と主張する

(2)「自分は前任の局長からこの件についての引き継ぎは受けておらず、委員会での答弁も部下が作成した文書を読んだだけ。文書の書き換えには関与していない」と話し、ほかの人たちも巻き込んでいく

永田町で多い観測は後者。つまり、「佐川はサムライにはなりきれないだろう」「たくさんの人を巻き込んでいくのでは」という意見です。その結果、支持率がさらに下がれば安倍政権は本格的な危機に陥りますが、「あるとすれば、総辞職じゃなくて解散だろう。安倍の性格なら」という声も聞こえてきます。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!