新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

難民・移民でEUが紛糾!中東欧諸国は難民の分担拒否!イタリア新首相「難民政策は失敗」

*EU
難民や移民の受け入れ政策を巡ってヨーロッパ諸国が紛糾しています。6月5日にルクセンブルクで各国の代表が集まって内相会議が行われましたが、イタリアやギリシャは「難民の受け入れが大きな負担になっている」と主張し、政策の見直しを主張。
ポーランドやハンガリーなどの中東欧諸国は難民受け入れの分担を拒否し続け、難民受け入れ推進派のドイツなどと意見が対立していました。

イタリアでは今月に首相が交代となり、新たに就任したジュゼッペ・コンテ首相がEUの難民政策を「失敗だった」と批判しています。同じくイタリアのサルビーニ内相も「イタリアはEUの難民キャンプではない」と発言しているほどで、EU内部の亀裂が明確になった内相会議だったと言えるでしょう。

 

EU 難民受け入れ制度の改革で“分断”露呈
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180606/k10011466241000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_020

EU=ヨーロッパ連合は加盟国から不満が出ている現在の難民受け入れ制度の改革に向けて協議しましたが、意見が対立して結論を出せず、難民政策をめぐる分断が改めて露呈しました。

イタリア新首相 難民政策やロシアへの制裁の見直し求める方針
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180606/k10011466321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012

イタリアで今月就任したコンテ首相が所信表明演説で、EU=ヨーロッパ連合の難民政策やロシアへの制裁の見直しを求めていく方針を示し、結束が問われるEUにとって新たな懸念材料になっています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!