新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【悲報】プラスチックごみの海洋汚染対策、合意文書に日本署名せず!「国内法が未整備だから」


G7サミットでプラスチックごみによる海洋汚染の対策が話し合われましたが、その合意文書への署名を日本とアメリカが拒否しました。

報道記事によると、日本側は「プラスチックごみを減らしていく趣旨には当然、賛成しているが、国内法が整備されておらず、社会にどの程度影響を与えるか現段階でわからないので署名ができなかった」とコメントし、プラスチックごみの汚染対策に署名しなかったとのことです。

G7の拡大会合では年間800万トンにもおよぶプラスチックごみの汚染問題が重要なテーマの一つとなり、海洋保護と持続可能な漁業の実現などを各国に促す「海洋プラスチック憲章」が提案されていました。
日本とアメリカはこの憲章を拒否した形で、欧米だと環境保護を求めてG7の会場に向けて抗議デモが起きています。

 

G7でプラスチックごみの海洋汚染問題協議、日本署名せず
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3392536.html

カナダで開催されていたG7=主要7か国首脳会議で、プラスチックごみによる海洋汚染の問題が協議され、具体的な対策を各国に促す合意文書をとりまとめましたが、日本とアメリカは署名しませんでした。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!