新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【選挙】中野区長選、野党連合の酒井氏が初当選!与党系候補とは1万票差


6月11日に投開票された東京の中野区長選で、野党各党が支援している元中野区職員の酒井直人氏(46)が当選確実となりました。酒井氏は3万6758票、対抗の与党系候補である田中大輔氏は2万7801票となっています。

中野区は立憲民主党の長妻昭・代表代行(政務調査会長)の地元であり、ここで野党側が負けると大打撃になると言われていました。そこで勝利したのは大きいと言えますが、当初の予想よりもかなり与党側が迫っていたのが気になるところです。

新潟県知事選挙の方も野党は苦戦し、接戦の末に負けてしまいましたが、これは過去の選挙で固めた票を与党側にもぎ取られてしまったと見ることも出来ます。
本来は野党側がもっと圧勝しても良い場所であり、中野区長選と新潟県知事選挙は野党の政策や戦術を見比べる必要性がありそうです。

 

中野区長選 酒井氏が初当選
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180611/0012909.html

任期満了に伴う東京・中野区の区長選挙は、11日開票が行われ、無所属の新人で、立憲民主党、国民民主党、自由党、社民党が推薦する元中野区職員の酒井直人氏(46)が、初めての当選を果たしました。

中野区長選挙は、開票が終わっています。
酒井直人、無所属・新、当選、3万6758票
田中大輔、無所属・現、2万7801票
吉田康一郎、無所属・新、1万4534票
市川稔、無所属・新、1万2064票

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!