新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【新潟県知事選挙】花角氏にも脱原発票が流れる!投票行動が判明、池田氏は景気が少数


6月10日に開票された新潟県知事選挙の投票行動が分かってきました。

朝日新聞社の調査によると、野党連合が支援した池田ちかこ氏には反原発票や子育て関連票が多く流れていましたが、与党系の花角氏にも37%の反原発票が流れ込んでいたとのことです。
花角氏は米山前知事の反原発路線を継承すると宣言しており、これが反原発票を割る要因になったと見られています。

そして、花角氏の強みはなんと言っても景気や雇用関連で、この分野で70%の票を取り込んでいました。「地域の活性化」も63%が花角氏を選んでいる状態で、経済政策は花角氏の圧勝だと言えるでしょう。

逆に言えば、池田ちかこ氏は反原発よりも経済政策をもっと強く押し出すべきだったと見ることも出来ます。
池田ちかこ氏の陣営からは「花角氏は原発推進派だ」というような声もありましたが、世間的には米山前知事の路線を継承すると宣言し、脱原発派として明確に断言していた以上はどっちも脱原発派として見られていたということです。

 

花角氏、再稼働反対票も取り込む 新潟知事選、出口分析
https://www.asahi.com/articles/ASL6B55CRL6BUZPS001.html

朝日新聞社は同日、県内90投票所で出口調査を実施し、4420人から有効回答を得た。それによると、投票の際に最も重視した政策は①原発への対応(28%)②景気・雇用(25%)③地域の活性化(18%)④医療・福祉(14%)⑤子育て支援(11%)の順だった。

花角氏は「景気・雇用」を選んだ人の70%、「地域の活性化」を選んだ人の63%から得票。

最も多い「原発への対応」を選んだ人は75%が池田氏に投票した。前回の知事選で当選した米山隆一氏が「原発への対応」を選んだ人の84%の票を集めたのに比べると、池田氏は原発問題を当選の決め手とすることができなかった。

新潟県知事選 池田氏と花角氏横一線 終盤までもつれる大接戦に=JX通信社 独自情勢調査
https://news.yahoo.co.jp/byline/yoneshigekatsuhiro/20180608-00086201/

また、年代別に見ると、60代から80代までの世代では池田氏への支持が上回る一方、20代から50代までの世代では花角氏への支持が上回っている。
今回の知事選にあたって有権者に「投票の際に最も重視する政策課題」を聞いたところ「原子力発電所の再稼働」の問題を挙げる人が引き続き最多の37.3%となった。

関連過去記事

新潟県知事選挙、野党の敗因は2つ!米山前知事の辞任に対する説明不足と経済政策の弱さだ!
https://johosokuhou.com/2018/06/10/6370/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!