新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

オミクロン株で入国制限の南アフリカ、大統領が日本や米国などを名指しで批判!「不当な差別で失望している」


*BBC
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を報告した南アフリカのラマポーザ大統領が世界各国の対応に失望を表明しました。

毎日新聞の記事によると、オミクロン株の存在を最初に報告した南アフリカへの入国規制を強める国が増えているとして、南アフリカのラマポーザ大統領は11月28日の演説で「南アフリカや周辺国に対する不当な差別だ。深く失望している」と述べ、アメリカや日本などの国々を名指しで批判。
南アフリカへの厳しい入国規制を撤回するように求め、ある種の不当な差別だと強調していました。

WHO(世界保健機関)もオミクロン株は世界各国で確認されているとの声明を出し、アフリカだけをターゲットにした渡航禁止措置は国際的な連帯に反する行為だと懸念を表明しています。

ただ、オミクロン株の流行を食い止めるには感染が報告された地域を隔離する必要があり、一定の規制はやむを得ないと言えるでしょう。

 

オミクロン株拡大、各国の入国規制に「失望」 南ア大統領
https://mainichi.jp/articles/20211129/k00/00m/030/003000c

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡り、各国政府がアフリカ南部諸国からの入国規制を強めていることについて、南アフリカのラマポーザ大統領は28日、国民向けの演説で「南アフリカや周辺国に対する不当な差別だ。深く失望している」と述べた。日本や米国を名指しで批判し、直ちに撤回するよう求めた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!