新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

台風7号が九州に接触!西日本の各地で大雨!気象庁が各地に注意喚起


7月3日早朝に台風7号が九州と接触し、各地で記録的な大雨を観測しています。気象庁は土砂災害や川の氾濫などに警戒を呼び掛け、九州や四国のほぼ全域に警報を発令しました。

台風の規模は中心の気圧が960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速が35メートル、最大瞬間風速は50メートルとなっています。
今日から明日にかけて九州地方から中国地方を通過する見通しで、西日本の広い範囲が荒れる天気になりそうです。

 

気象庁 台風情報
https://www.jma.go.jp/jp/typh/1807.html

<03日03時の実況>
大きさ –
強さ 強い
存在地域 五島市の南南西約240km
中心位置 北緯 30度40分(30.7度)
東経 127度50分(127.8度)
進行方向、速さ 北 25km/h(13kt)
中心気圧 960hPa
中心付近の最大風速 35m/s(65kt)
最大瞬間風速 50m/s(95kt)
25m/s以上の暴風域 全域 90km(50NM)
15m/s以上の強風域 南東側 440km(240NM)

台風7号 九州と北海道で局地的に激しい雨 土砂災害に警戒
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180702/k10011505441000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

強い台風7号の影響で九州では局地的に激しい雨が降っています。九州や四国では台風を取り巻く発達した雨雲がかかり、同じような場所で非常に激しい雨が降り続いて大雨となるおそれがあり、気象庁は、土砂災害や川の氾濫などに警戒するよう呼びかけています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!