新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東海第二原発、事実上の新基準に合格!原子力規制委員会が審査書案を発表 運用開始から40年


茨城県にある東海第二原発が新基準に合格する見通しであることが分かりました。

NHKによると、7月4日に原子力規制委員会は安全対策にかかる工事費用約1740億円の目処がたったとして、5人の委員が全会一致で事実上の合格を示す審査書の案を取りまとめたとのことです。

東海第二原発は運転開始から約40年となり、別の審査にも合格しなければ廃炉となる予定になっています。使われている原子炉も福島第一原発と同じ沸騰水型で、依然として事故のリスクが残っているところです。

 

東海第二原発 事実上合格の審査書案 原子力規制委
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180704/k10011508021000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004


首都圏にある唯一の原子力発電所で、茨城県にある東海第二原発について、原子力規制委員会は、安全対策が新しい規制基準に適合しているとして、事実上、合格したことを示す審査書の案を取りまとめました。ただ、東海第二原発は、ことし11月に運転開始から40年となり、それまでに別の審査にも合格しなければ廃炉となるため、期限内に手続きが終わるか注目されます。

東海第二発電所
https://ja.wikipedia.org/wiki/%


日本初の百万kW級軽水炉。設置申請の関係で別の発電所となってはいるが、実質的には東海発電所と一体化しており、一つきりの正門の看板には発電所名が併記されている。 付属の東海港は燃料搬入・搬出用であるが、隣接する原研機構本部(旧原研東海研究所と旧動燃東海事業所)への物資陸揚げに使用されることがある。

東海第二発電所の発電電力は東京電力と東北電力に売電されている。また、売電割合は東京電力が80%、東北電力が20%となっている[1]。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!