新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【危険】九州・四国・中国で警報発令中!台風7号の影響拡大、1時間に約120ミリの豪雨も!負傷16人以上


台風7号が接近している影響で西日本の広い範囲に警報が出ています。気象庁は九州地方や中国地方、四国地方のほぼ全域に警報を発表し、徳島や熊本などには土砂災害警戒情報も発表。

高知県東部から徳島県南部にかけての山沿いでは線状降水帯が形成され、北川村付近だと1時間で約120mmの猛烈な雨が観測されました。
高知県と徳島県では記録的短時間大雨情報も発表されるほどで、降り始めからの雨量が500mmを超えた場所も発生しています。

台風7号の方は対馬海峡付近を移動しており、5日にかけて北海道か東北に接近する見込み。大雨の影響で河川の増水や氾濫、土砂災害のおそれがあるため、対象エリアにお住まいの方は厳重に警戒してください。

 

気象庁
http://www.jma.go.jp/jp/warn/

高知、徳島で記録的短時間大雨 1時間に約120ミリ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00004139-weather-soci

▼記録的短時間大雨情報の発表状況(3日 四国地方)
15時40分までの1時間
高知県北川村付近で約120ミリ
17時20分までの1時間
徳島県海陽町付近で約120ミリ
17時30分までの1時間
徳島県那賀町付近で約120ミリ
徳島県海陽町付近で120ミリ以上

台風7号、対馬海峡通過へ=九州や四国など大雨警戒―交通に影響・気象庁
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000091-jij-soci

 台風7号は3日昼前から午後に九州北部に接近し、夜には対馬海峡に進んだ。
九州と四国では激しい雨が降り、気象庁は大雨や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。7号は海峡通過後は4日夜までに日本海で温帯低気圧に変わり、5日にかけて北海道か東北に接近する見込み。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!