新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】全国各地で記録的な大雨!台風7号が巨大な低気圧に!高知と長野で250ミリを突破!


台風7号が巨大な低気圧に変化し、全国各地で記録的な大雨を観測しています。特に雨量が多い高知県と長野県では24時間の雨量が250ミリを突破している状態で、沖縄県宮古島市平良でも1時間におよそ120ミリの豪雨となりました。

大規模な土砂災害などが懸念されているエリアには「土砂災害警戒情報」が発令され、気象庁は北海道と長野県、石川県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、徳島県、高知県、沖縄県に厳重な警戒を呼び掛けています。

この大雨は7月8日頃まで継続すると予想されており、明日も多い場所で東海と四国で300ミリから400ミリ、北陸と長野県、近畿、九州で200ミリから300ミリの雨量になりそうです。
今後もしばらくは不安定な天候が続く可能性が高く、外出の際には天気情報に注意が必要だと言えるでしょう。

 

気象庁 雨雲レーダー
https://www.jma.go.jp/jp/kaikotan/

東日本や西日本 各地で激しい雨 厳重に警戒を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180705/k10011509811000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_018

低気圧と活発な前線の影響で、東日本や西日本を中心に発達した雨雲がかかり続け、各地で激しい雨が降っています。東日本と西日本では8日の日曜日ごろにかけて、同じような場所で雨が降り続いて各地で大雨になるおそれがあり、気象庁は、土砂災害や川の増水などに厳重に警戒し、早めに身の安全を確保するよう呼びかけています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!