新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【混乱】岡山で特別警報&大爆発&川の氾濫!小田川の氾濫で倉敷市が水没!救助要請が相次ぐ

岡山県が大混乱状態になっています。記録的な大豪雨で7月6日夕方に大雨特別警報が発令され、岡山の大部分で鉄道やインフラが一時停止状態になりました。

そして、夜になっても雨は全く収まる気配がなく、岡山県の各地で水位上昇や浸水する場所が多発。岡山県高梁市や総社市を流れる高梁川では水位の上昇が止まらず、夜22時には「氾濫危険水位」の8メートルを大幅に超えて、13メートル付近まで水位が増えていました。

倉敷市真備町では小田川が氾濫が発生し、住民から救助要請が殺到していると報じられています。倉敷市真備町の被害は凄まじく、街全体が浸水するほどの大被害になりました。

そのような状況下で23時半ごろに総社市下原地区の工場で大爆発が発生してしまったのです。この爆発は近隣の県でも爆発音を観測するほどの規模で、工場周辺の住民らにも大きな被害が出ています。

初の特別警報に河川の氾濫、工場の大爆発などが複合的に発生した形だと言え、大雨の被災地の中でも混迷を極めているところです。

 

岡山 倉敷市真備町で救助要請相次ぐ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180707/k10011519161000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

岡山県の倉敷市消防局によりますと、倉敷市真備町は広い範囲で冠水しているということで、住民から救助の要請が相次いでいるということです。また、警察や市によりますと「人が流された」という情報も寄せられているということで、状況を詳しく調べているということです。

岡山 高梁川の水位上昇で観測不能に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180707/k10011519001000.html

岡山県や国土交通省によりますと、岡山県高梁市や総社市を流れる高梁川では、高梁市松山の観測所の水位が、6日午後7時には「氾濫危険水位」の8メートルを超え、3時間後の午後10時には13メートル近くまで上昇していました。そして6日夜10時以降には観測ができなくなっています。

岡山 高梁市で住宅冠水 十数人が屋根の上などで救助待つ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180707/k10011519291000.html

岡山県によりますと、大雨のため高梁市のJR備中広瀬駅周辺の住宅地が冠水していて住民十数人が家に取り残されているということです。住民は屋根の上などにのぼり、救助を待っているということです。岡山県は6日夜11時すぎに陸上自衛隊に災害派遣を要請しています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!