新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【平成30年7月豪雨】死者数が200人に 土砂災害は31道府県で519か所も


7月12日に警視庁の統計で西日本豪雨の犠牲者総数が200人を超えたことが分かりました。これは各府県警からの報告をまとめたもので、災害が原因と正式に確認されていない人も含まれていると報じられています。
特に犠牲者が多いのは広島県、愛媛県、岡山県の3県で、今も死者行方不明者の数字が増えているところです。

土砂災害の報告数も多く、7月12日の時点で31の道府県の合わせて519か所で確認されています。広島県の呉市などは今も孤立気味で物資不足が発生しており、交通網の回復にはかなりの時間がかかる見通しです。

 

西日本豪雨、死者200人に 警察庁発表
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3291333012072018EA1000/

 西日本を中心とした豪雨災害による死者数について、警察庁は12日午後、計200人になったと発表した。各府県警からの報告をまとめた。報告時点で災害が原因と正式に確認されていない人も含まれるため、自治体などによる集計とはずれが生じている。

土砂災害は31道府県で519か所 さらに増える見込み 国交省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180712/k10011529821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_025

国土交通省によりますと、今回の記録的豪雨によるがけ崩れなどの土砂災害は、12日午前5時の時点で31の道府県の合わせて519か所で確認されているということです。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!