【警戒】気象庁が緊急記者会見!被災地にも注意喚起!「7月下旬まで猛暑日が続く恐れ」


7月13日に気象庁が緊急記者会見を行い、今年は異例の猛暑になる可能性があると警告を発しました。

気象庁によると、先日から続いている猛暑はこのまま7月下旬頃まで継続する恐れがあり、最高気温35度以上の猛暑日が連続で続く場所も発生するかもしれないとのことです。

特に西日本の豪雨被災地は猛暑の影響は大きく受ける可能性があるとして、気象庁は熱中症などに注意を呼び掛けると同時に、水分補給や塩分補給などを行うように対策を促しています。

西日本と東日本における7月下旬にかけて続く高温について
http://www.jma.go.jp/jma/press/1807/13b/20180713_kouon.html

報道発表日
平成30年7月13日
本文
○西日本と東日本では、7月下旬にかけて高温が長く続くおそれがあります。
 西日本と東日本では、太平洋高気圧におおわれ気温の高い状態が続いています。今後太平洋高気圧は西日本中心に強まり、西日本と東日本では、7月下旬にかけて気温のかなり高い状態が長く続き、最高気温が35度以上の猛暑日が続く所もある見込みです。
○熱中症など健康管理に十分注意し、水分や適切な塩分補給など心がけてください。

○特に今回の豪雨の被災地では、熱中症にかかるリスクがより高くなっていますので、できる限りの対策を行ってください。

 今後、高温注意情報、高温に関する気象情報、異常天候早期警戒情報などの気象庁が発表する情報に留意してください。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)